オリエントコーポレーション労働組合

オリコ労組とは/What's OCLU?
OCLU

オリエントコーポレーションに在籍する労働者によって構成される組織です。社員の生活の向上と幸福の追求をめざし、会社との交渉や意見収集、レクリエーションの開催などを行っています。今では当たり前となっている計画年休制度も、労働組合が会社と交渉をした結果、導入されました。これからも当労組は、組合員の立場に根差した活動を行っていきます。皆さんの声を会社に反映していくため、一緒に組合活動を行っていきましょう。

中央執行委員長あいさつ

中央執行委員長澤 正浩

 中央執行委員長に就任した澤と申します。第40回組合大会は緊急事態宣言下という異例の状況の中、必要最小限の会場参加者を除いてオンラインでの開催となりました。議事進行は滞りなく行われ、全ての議案が無事に承認されました事を改めてご報告申し上げます。私自身、二期目の就任に身の引き締まる思いではありますが、その職責を全うすべく最大限尽力してまいります。

労働組合結成40周年を迎えるにあたって
労働組合結成40周年を
迎えるにあたって

 結成当時のオリコは賃金や労働環境に多くの課題を抱えていましたが、「会社を変えなければならない」という強い志をもった諸先輩方によりオリエントコーポレーション労働組合が結成されました。その精神は時々の組合員に引き継がれ、時代ごとに様々な会社の課題を解決するために組合員が主体的に組合活動へ参画してきました。これこそが現在の組合や会社が存在する理由ではないでしょうか。

 今後の労働組合に求められているのは、会社が抱える諸課題の解決に労使一体で取り組むことであると考えます。特に今期は、昨春闘の要求内容である「処遇全般の労使協議」が本格的にスタートします。これは皆さんの賃金に関わる重要事項であり、組合が果たすべき役割、組合員が発する声の重みは、かつてない程に大きなものになっていると感じています。こうした背景を受けて、組合員の皆さんに二つのお願いがあります。

 一点目は「不満の解決方法を広い視野で考える」ということです。会社や仕事に不満を感じている方は多いと思いますが、単純に「不満」と思うのではなく、より広い視野で「不満を解決するために自分がどう変わればいいのか」「会社はどう変わるべきなのか」等、皆さんの現場目線で是非考えてみてください。

 二点目のお願いは、組合活動や調査活動へ積極的にご参加をいただき、皆さんが感じている不満と、その解決方法を私たち労働組合に教えてください。組合員一人ひとりの声や意見は、私たち労働組合にとって羅針盤に他なりません。二千人の組合員が英知を結集させ、会社が抱える課題に具体的な解決策を示すことができれば、それは間違いなく会社を変える大きな原動力になります。

 今後も労働組合は、会社との交渉や協議を通じ、労使が納得できる制度の実現を図っていきます。組合員全員で創る労働組合が、オリコという会社をより魅力的な会社へ、組合員の皆さんが「ずっと働きたい」と思える会社へと導いていく。そのような未来を思い描きながら今期も多様な組合活動に取り組んでいきたいと考えています。

 それでは、皆さんと直接お会いできる日を楽しみにしています。